結婚相談所を成婚退会したのに相手選びを間違った話。

結婚相談所 東京

私の婚活での失敗談と、それによって学んだことについて紹介したいと思います。

私は東京都内のある有名な結婚相談所に入会しました。

当時20代後半になり、周囲では結婚ラッシュが続き、結婚に対してかなり焦っていました。

しかし私は恋愛経験が少ないため、婚活パーティーは苦手でした。

ネット婚活も考えましたが、どれくらいの人が真面目に婚活しているのか不安でした。

真剣に婚活をしている人のいる場所で婚活し失敗したくない、という理由から結婚相談所に入会しました。

実際に体験して、結婚相談所は丁寧な対応でいいと感じました。

仲介の方から、相手が自分のことどんな風に思っているのかを教えて頂けるので、こちらも相手にどのように接したらよいのか心積もりができます。

また、なかなか出会いから交際に発展しない場合は、その理由を相手から聞き、それを教えてもらうことで、次に生かせることができます。

そんなこんなで私はある男性を紹介してもらい、約3か月の交際を経て、成婚退会をしました。

しかしその後、相手の男性から結婚を破談にしてほしいと言われました。

主な理由は、
①自分の理想の女性像と違う気がしてきたから。

②仲介人に早く交際するか決めろと言われたから自分は私を選んだ気がする。

③両親が反対するから。

です。

あと1.2回でも会って、それでもお互い駄目だと感じたら別れることに納得するから猶予を欲しい。

別れ以外に何か方法はないか話し合いたいと彼に言いましたが、彼は別れてほしいというだけで、こちらの意見は全く聞き入れてもらえませんでした。

今回のことで学びました。

①理想の高い男性は彼氏には向くけど、結婚相手としては向いていない。

②責任を他人に押し付ける人は、謙虚な心がないため成長しない。

将来性がない。

③親の意見で結婚を決めるようなマザコン男かどうか、早く見極めること。

④問題が発生したとき、お互い歩み寄り、お互いが納得する解決方法を探してくれる人を選ぶこと。

結婚相談所では、自身と向き合える機会をくれる、成長させてくれる場所です。

しかし相手を選び間違えると大変なことになるので、見極められる目を持って下さい。